ビブリオマニアの鉄道書

佐々木桔梗とプレス・ビブリオマーヌ[1]

かつて、「鉄道ファン」や「鉄道ジャーナル」などに、鉄道と文学、あるいは鉄道書の書誌学といった独特なエッセイを寄稿した佐々木桔梗(1922-2009)は、プライベート・プレス(印刷や装幀にこだわった限定本を刊行する“私的”な出版社)の「プレス・ビブリオマーヌ」を主宰し、自ら著した鉄道書も数多く刊行していた。
近年、デザイン誌の「アイデア」でプライベート・プレスの特集が組まれ、そのNo.367(2014.11)に、ビブリオマーヌの本が数ページに亘って紹介されたが、本稿では、デザイン誌とはまた違った視点で、桔梗氏の活動のなかでも鉄道趣味に焦点を絞り、ビブリオマーヌや他社の単行本、また、雑誌に掲載された著作も併せて紹介しようと思う。

1922(大正11)年、芝三田の由緒ある本願寺派の寺、教誓寺に生まれた桔梗氏は恵まれた環境に育った。幼い頃に祖父とでかけた線路端で汽車に惹かれ、やがて、鉄道を撮影するためカメラに興味をもち始めるが、15歳の頃には、昭和初期当時のサラリーマンの月給の倍くらいしたドイツ製のカメラ、バルディナを買い与えられたという。
撮影した写真のアルバム作りには、説明文やレイアウトの工夫も必要となる。そうしたことも、後年、文章や装幀(デザイン)に関心をもつきっかけになった。
仏教系の大学に進学し、京都で暮らすようになった桔梗氏は、ある古書店で江川書房から出版された堀辰雄の『ルウベンスの偽画』(1933)と出会う。それからは限定本や美書にも興味を惹かれるようになり、蒐書耽読の生活が始まったという。
戦時中に徴兵されて南方に出征するものの復員し、戦後しばらくは学生向けの「ジュニア・タイムス」などに記事を書く新聞記者として働いたこともあった。
その後、野田書房から出版されたアンドレ・ジイドの『窄き門』(1937)と出会ったことで再び愛書熱に火がつき、1956(昭和31)年にプライベート・プレスの「プレス・ビブリオマーヌ」を立ち上げることになる。
後に父の跡を継いで寺の住職となるものの、1981(昭和56)年までの25年間、出版活動を続け、刊行した本の執筆者も、堀口大学、三島由紀夫、澁澤龍彦、吉行淳之介、安部公房など、錚々たる顔ぶれが並ぶ。
ビブリオマーヌの本のなかには桔梗氏自身の著作も含まれる。装幀や稀覯本に関するものもあるが、やはり多いのは鉄道関係である。それらの刊行が1970年代に集中しているのは、この時代に終焉を迎えた国鉄の蒸気機関車やオリエント急行の影響だろう。

なお、ビブリオマーヌを紹介した文章には前述の「アイデア」のほか、下記のものがある。

「私の仕事」佐々木桔梗(「本」No.1 1964.2・麦書房)
「珍本気違い(プレス・ビブリオマーヌ)の主人」村島健一
(「芸術生活」No.202 1965.1・芸術生活社)
「装本二十五年の哀歓」佐々木桔梗・「佐々木桔梗=本の美学」峯村幸造
(「季刊銀花」No.40 1979.12・文化出版局)
「出版三昧」佐々木桔梗(「これくしょん」No.208 1995.12・吾八書房)