日別アーカイブ: 2017年10月1日

箱根車上ハイキング

戦前からあった乗物尽くしの箱根めぐり

「箱根ゴールデンコース」というのがある。1960(昭和35)年に大涌谷のロープウェイが全通したことで完成した小田急グループの観光コースで、小田急、登山鉄道、ケーブルカー、ロープウェイ、遊覧船、バスと、乗物尽くしで箱根を巡る。“ゴールデン”というネーミングが、いかにも完成当時の昭和30年代を思わせる。

私も小学生だった1970(昭和45)年頃に、家族旅行で、このコースを巡った。相鉄沿線の家から新宿へ、わざわざ遠回りして、憧れのNSEロマンスカー「はこね」に乗車したが、そのせいで芦ノ湖に着く頃には夕方になってしまった。右は、そのときに買ったゴールデンコースの乗物を写した絵はがき。ケースには「ゴールデンコース」でなく「ロマンスルート」とある。

乗物尽くしの箱根めぐりは、ロープウェイの開業より、はるか以前の昭和初期からあったようだ。
俳人の河東碧梧桐(1873-1937)が、1936(昭和11)年1月号の「旅」(日本旅行倶楽部)に寄稿した家族旅行の随筆「新宿より熱海へ」を読むと、ロープウェイがバスに代わっているほかは、現在と同じようなコースを辿っている。

新宿からの小田急電車、電車といふと市内電車の短距離を標準にするせゐか、二時間近くもかゝる拘束が、如何にも退屈な感じだ。そこらを見計らつてゞあらう、菓子ビールなどの籠を持ちあるく、車内行商嬢のゐるのは勿怪の幸ひ、ビールと蜜柑とノシイカで、どうやら二三分がまぎらせる。

小田急の新宿-小田原間は1927(昭和2)年の開業。「二三分」は「二三十分」の誤りか。車内販売があったというから、おそらく碧梧桐が乗った小田急は、1935(昭和10)年6月より毎週土曜日に運転を始めた途中駅ノンストップの「週末温泉列車」だろう。戦後に登場したロマンスカーのルーツともいえるこの列車には売店が設けられていた。

小田原駅内で、容易に乗り替へらるゝ箱根登山電車は、ホンの二三月前の開業だといふが、とても明るく清らかで乗り心地は百パーセント。草津温泉軽井沢間の高原電車などゝは比較にならない、正に昭和年代の新味十分な設備、それに気の利いた車掌さんが、車体の説明から、会社パンフレツトの提供、至れり尽せりである。

軽便の草軽電鉄と乗り心地を比較したら「百パーセント」といいたくなるだろう。余談になるが、この言葉は昭和初期の流行語のようで、大宅壮一がモダンガールを論じた「百パーセント・モガ」を書いたのもこの頃だった。
箱根湯本-強羅間を1919(大正8)年に開業させた箱根登山鉄道は、小田急の「週末温泉列車」運転と同年の10月に小田原まで延伸した。
文中に「二三月前の開業」とあるから、碧梧桐が家族と箱根を訪れたのは1935(昭和10)年の末か。電車の便がよくなったのを機に旅行を思い立ったのだろう。

登山鉄道の後は、1921(大正10)年に開業していたケーブルカーで早雲山へ。そこからバスに乗り、やはり開通したばかりの専用道路を通って芦ノ湖へでた。船で箱根町に到着した後は再びバスに乗り、十国峠を経由して熱海に向う。
碧梧桐は、この箱根めぐりを「車上ハイキング」と称している。


箱根登山鉄道が湯本から小田原まで延伸して間もない頃の路線図。
昭和10年代に配布された会社のパンフレットより。碧梧桐が車内で貰ったのも、これと同じものだったかもしれない。中面を見ると、「週末温泉列車」は小田急だけでなく、省線の新宿と品川からも出るとある。ちなみに、このパンフレットは、神保町の、今はなきアベノスタンプコインで入手。