カテゴリー別アーカイブ: 軽便鉄道をうたった詩人たち

田中冬二と草軽電鉄と

軽便鉄道をうたった詩人たち[1]

草軽電鉄を題材とした詩といえば、まず挙げられるのが、津村信夫(1909-1944)の「小扇」だろう。

「小扇」(『愛する神の歌』1935・四季社)
-嘗つてはミルキイ・ウエイと呼ばれし少女に-

指呼すれば、国境はひとすぢの白い流れ。
高原を走る夏期電車の窓で、
貴女は小さな扇をひらいた。

「夏期電車」という言葉が、草軽の「あさま」号などのサマーカーを連想させる。
ちなみに、私がこの詩を知ったのは「とれいん」No.7(1975.7)に載っていた「ぎんがてつどう」の「風立ちぬ 高原組曲 第一楽章」からで、それは軽井沢をめぐる鉄道の登場する文学作品を紹介したページだった。当時、中学生だった私にとって、こうした「とれいん」は大人向けの趣味誌に思えて、それがまた魅力でもあった。

ところで、津村信夫と同じ「四季」派の詩人に、田中冬二(1894-1980)がいた。「とれいん」には紹介されなかったが、草軽を題材とした詩では、それぞれの全集(『津村信夫全集』1974・角川書店、『田中冬二全集』1984-85・筑摩書房)を読むと、津村信夫が「小扇」だけなのに対して(小説では「碓氷越え」があるが)、田中冬二は、「軽井沢」「軽井沢の冬」「遠雷」「信仰」、それと思しい「山麓」「浴泉」も含めれば6篇にもなるのである。

poet-01

「軽井沢」(『橡の黄葉』1943・臼井書房)
軽便鉄道の踏切りを越すと
燈火の町

アイスクリームをたべて
星あかりに
落葉松の林の中へかへる

冬二には「軽井沢の氷菓子」と題した詩もある。それは軽井沢駅で売られていた、レモン味の青色をしたものだったという。

「軽井沢の冬」(『橡の黄葉』1943・臼井書房)
霙(みぞれ)の中の軽井沢の灯
遠く霙の中の軽井沢の灯

今その灯の下には新刊の書物も
黒パンも珈琲もない

今そこにあるものは古錆びた自転車と
炭酸水の空壜(あきびん)と干大根

草津軽便鉄道の踏切の
ベルも鳴らない

前掲の「軽井沢」が夏なら、こちらは冬の景である。「草津軽便鉄道」とあるが、草軽電鉄こと草軽電気鉄道は、1924(大正13)年まで草津軽便鉄道、1939(昭和14)年まで草津電気鉄道と称していた。
2篇とも踏切がでてくるが、「遠雷」という作品にも「踏切のベルが鳴つて 草津行の電車が過ぎた」とある。また、「草軽線たちにしあとのしづけさや」という俳句も詠んでいるが、これなども踏切の情景だろう。冬二の草軽の印象は踏切だったようだ。

「信仰」抜粋(『故園の歌』1940・アオイ書房)
いつしか慣はしとなり風呂の火をみる度に
私はひとり口の中に云ふ
——軽井沢十分停車 草津線のりかへ と

それから風呂の中では
——天狗の湯 天狗の湯 天狗の湯
鹿の湯 鹿の湯 鹿の湯
白骨温泉 白骨温泉 と
…………

かつてはどこの家も薪風呂だった。その風呂を焚くときに、冬二は軽井沢駅のアナウンスを真似るのが口癖だったようである。

「日本海」(『海の見える石段』1930・第一書房)
夜汽車の凍つた硝子に
吐息が描いた猫
ペルシャ産のうつくしい猫
スノー・セットを出ると
窓硝子にアイスクリームのやうな灯(ひ)が映つて
青海(あをみ)といふ駅
しらしらと夜明のうすあかりの中に
日本海は荒れてゐる

冬二が詩の題材とした鉄道は草軽ばかりではなかった。旅行好きだった冬二は、実に数多くの鉄道が登場する詩を残しているのである。
「日本海」には糸魚川の隣にある北陸線の青海駅がでてくる。ペルシャ産の猫やアイスクリームといった言葉が可愛らしい。
ちなみに国鉄の路線名がでてくる詩を挙げてみると、東北線の「アスピリン」、高山線の「夜汽車」、北陸線の「北陸にて」、「網走線川湯駅にて」、「上越線にて」、山陰線の「ロマンを追うて」などなど。これだけ鉄道を取り上げた詩人も珍しい。

「三里ヶ原」抜粋(『高原と峠をゆく』1955・中央公論社)
…………
人穴から上井出の村へ出た。上井出から大宮——今の富士宮まで、煙草畑の中を鉄道馬車に揺られながら、私は眠つた。
大宮へ着くと、大宮の町は登山客で、まるで祭のやうに賑はつてゐた。

変わったところでは馬車鉄道のでてくる随筆がある。この作品は1927(昭和2)年に富士を訪れた際のもの。その頃は富士周辺に馬車鉄道がいくつか残っていた。作中の上井出から身延線の冨士宮まで走っていた富士軌道は、1939(昭和14)年に廃止されている。
冬二は1894(明治27)年生まれで、少年時代には、東京の日本橋区小網町(現・中央区日本橋小網町)に住んでいたこともあり、銀座通りを走っていた馬車鉄道の思い出を綴った随筆も書いている。馬車鉄道が電車に変わると、車掌が見ていない隙を狙って乗り、飛び下りるいたずらもしたという。

「林檎の花」(『春愁』1947・岩谷書店)
フランネルのやうに暖い
うすあかるい夕暮
林檎の花々の中を
電燈を点(とも)したばかりの温泉行きの電車が走つてゐる
それはフレッシュな外国製の罐詰のレッテルのやうである

私のお気に入りの一篇である。ここにある「温泉行きの電車」は湯田中へ行く長野電鉄らしい。「フレッシュな外国製の罐詰のレッテル」と感じた電車とはなんだろう。流線形の特急電車2000形が思い浮かぶが、詩集が刊行されたのは1947(昭和22)年だから戦前の旧型車しかなかった。夕暮れの中の林檎の花と、灯りのついた電車の光景が、なにかの缶詰のラベルにあった絵のように思えたのだろう。

木下夕爾と井笠鉄道と

軽便鉄道をうたった詩人たち[2]

『軽便の記録』(1974・丹沢新社)という本があった。1970年代半ばの当時、中学生で、尾小屋鉄道などを訪れて、すっかり軽便にハマっていた私は、その小さな写真集を何度も繰り返し眺めていた。
『軽便の記録』の冒頭には、木下夕爾(1914-1965)の詩「晩夏」が載っていた。
前回の「田中冬二と草軽電鉄と」で紹介した「とれいん」もそうだが、私は鉄道書を通して詩(文学)というものを知ったといえるだろう。

poet-02

「晩夏」(『晩夏』1949・浮城書房)
停車場のプラットホームに
南瓜の蔓が葡いのぼる

閉ざされた花の扉(と)のすきまから
てんとう虫が外を見ている

軽便車が来た
誰も乗らない
誰も下りない

柵のそばの黍の葉つぱに
若い切符きりがちよつと鋏を入れる

てんとう虫の仕草など、メルヘンを思わせる長閑な軽便の光景だが、この詩はいったいどこの路線なのか。鉄道好きとしては、そのことが気になってしまう。
木下夕爾は、郷里の広島県福山で薬局を営みながら創作を続けた詩人兼俳人で、『現代俳句大系』第12巻(角川書店・1973)の月報に載った朔多恭の「夕爾と軽便車」には、夕爾の家の近くを走っていた福塩線がモデルとある。
しかし、市川速男の『-望都と優情- 木下夕爾ノート』(1998・講談社出版サービスセンター)によれば、「あれは、井笠線の風景を思い出して書きました。神辺から井原までの軽便鉄道のことです」と著者が夕爾本人より聞いたという。また、尾道北高校の生徒が取材した図書館報にも、「今はありませんが鞆鉄・神辺井原間の軽便鉄道をイメージして作りました」と本人の言葉が記されているという。
井笠鉄道、鞆鉄道とも、郷里の福山の近くを走っていた軽便だ。井笠鉄道は1971(昭和46)年まで残っていたのでよく知られているが、福山から鞆まで走っていた鞆鉄道も、戦後の1954(昭和29)年まで営業を続けていた。
しかし、「晩夏」のモデルを福塩線と見るのも、決して見当違いではない。福塩線ももとは両備軽便鉄道で、国有化された後も、1935(昭和10)年まではナローゲージだったからである。
中学時代の夕爾は、住んでいた万能倉(まなぐら)から広島県立府中中学(現・府中高校)のある府中まで、ナロー時代(既に電化はされていたが)の両備鉄道を利用していたと思われる。

私は「晩夏」を読むと、湘南カラーに塗られた井笠のレールカーが思い浮かぶが、詩集が刊行されたのは1949(昭和24)年。ツートンの湘南電車が誕生したのは1950(昭和25)年だから、その流行が地方の軽便にまで及ぶのはもっと後のことになる。
私はまた、この詩から、けむりプロの写真集『鉄道讃歌』(1971・交友社)にある防石鉄道のページを連想してしまう。それは、放置されたクラウス製の機関車に乗って遊ぶ、“ねんねこ”姿も見られる子供たちを、暗い待合室から捉えた写真に添えられた、詩のようなキャプションだ。

「乗る人も降りる人もないまま、ヨタヨタしたディーゼルカーが走り去ってしまうと、草ぶかいホームには何処からともなく子供達がやって来て、側線に放置されている機関車や客車のまわりで遊び始める。待合室は荒れて薄暗く、鉄製のベンチが冷たそうに鈍く光っていた。」

『定本 木下夕爾詩集』『定本 木下夕爾句集』(1966・牧羊社)といった夕爾の全集を読んだ私は、意外にも鉄道を題材とした詩が多いことを知り、嬉しくなった。
港町の、おそらく呉線と思われる駅の情景を回想した「小さなみなとの町」、汽車が線路に火をこぼし、それが星のように砕けて散ったという「クリスマスの晩」、子供がレールに耳を当てて遠ざかる汽車の響きを聞こうとする「冬」などなど。

「午前」(1962頃の作)
汽車のけむりが
ゆつくりと
むぎばたけの上にきて消える
白いマスクのような
汽車のけむりの影が
農家の庭の鶏たちを驚かせる
小さな駅と駅をつないで
北へ北へ向かう私設鉄道
もう二度とは見れないだろうと
ぼんやり窓枠にもたれて眺めていた
あの早春の山峡の村々

郷里の福山周辺を多く取り上げた夕爾の詩で「北へ北へ向かう私設鉄道」といえば、これも井笠鉄道をモチーフに、汽車の走っていた頃を回想したものだろう。

「停車場にて」(『晩夏』1949・浮城書房)
上りの汽車は出てしまつた
がらんとした構内に
柚の実の匂いがのこつている
これも乗りおくれたらしい婦人がひとり
ベンチにもたれて編みものをはじめている
不正と貼り紙のしてある大時計のおもてに
孵(かえ)らなかつた蛾の卵がひからびている

どこだかは分からないが、これも軽便を思わせる。ローカル線の駅の鄙びた光景がよく表現されている。

「午前」(『笛を吹くひと』1958・的場書房)
踏切番の女が本を読んでいる
南瓜の蔓が遮断機のまねをしている
すぐこの先が海だよ
とかげが走り出て僕を見上げる

この詩には「晩夏」と同じ「南瓜の蔓」という言葉がでてくる。擬人化したような「とかげ」も「晩夏」の「てんとう虫」によく似ている。
夕爾は踏切にも興味を惹かれていたようで、幾篇かの詩のほか、「うらがれのはるか遮断機ひかりけり」といった句も詠んでいる。

「春の電車」(『児童詩集』1955・木靴発行所)
春の郊外電車
白いつり皮
ぶらん ぶらんしてる
窓からすぎてゆく
あおいむぎばたけ
あかいげんげばたけ
きいろいなの花ばたけ
電車がくの字にまがるとき
電車がへの字にまがるとき
みんないっしょに
ぶらん ぶらんしてる
窓からとびだしたそうに
ぶらん ぶらんしてる

吊り革の揺れる春の郊外電車は、夕爾が最も親しんだ省線電車の福塩線だろうか。

黒羽英二と成田鉄道と

軽便鉄道をうたった詩人たち[3]

前回の田中冬二や木下夕爾が鉄道を題材とした作品を作りながらも、いわゆるマニアではなかったのに対して、今回の黒羽英二(1931-)は、大の鉄道、それも軽便や地方私鉄好きの詩人である。

「単端式気動車」抜粋(『鐵道廢線跡と』2002・詩画工房)
タンタンシキキドーシャ
と聞いただけで
何故か胸がいっぱいになり
息苦しくなってくる
大正の終りから昭和の初め
ほとんど線香花火のはかなさで
咲いて散った野山の名もない小さな草花
側窓(よこまど)三つの羽目板張りで
屋根はそれでも流行(はやり)のダブルルーフ
T型フォードまがいの四気筒二十馬力のエンジンを積み込んで
正面窓の下にはプロテクターに保護されたラジェーターの四角い口をぱっくり開けて
…………

その詩集『鐵道廢線跡と』(2002・詩画工房)との出会いはまったくの偶然だった。図書館の、それも何気なく通りかかった郷土資料の書棚で、ふと、背表紙のタイトル文字が目に留まったのである。これはもう「呼ばれた」としか思えない(日頃から、そうした文字に注意が向けられているからだろうが…)。

「みちのくのちいさなちいさな私鉄悲歌」は、福島交通、仙北鉄道、花巻電鉄、羽後交通、秋田市電、秋田中央交通と、東北の地方私鉄を訪れた旅を詩にしたもので、作品中、秋田市電が4日前に動くのをやめていたとあることから、1966(昭和41)年の1月の旅行と思われる。

「みちのくのちいさなちいさな私鉄悲歌」抜粋(『黒羽英二詩集』1983・芸風書院)
…………
瀬峰(せみね)のホームは小糠雨
四人の男達にえっさえっさと押しまくられて
古い木造客車が一輛ぎしぎし通過して行った
登米(とよま)行の二箱はギヤつきのアンチークガソリンカーで
ぷわあぷわあと警笛で呼び合いながらのギヤチェンジ
土堤の上にはぽかぽかと荷馬車を曳いてる窶れた老馬が
首うなだれて歩いて行った
…………

「みちのくの…」にある仙北鉄道の抜粋である。機械式気動車の表現などは、やはり、普通の詩人にはないマニアの視点である(ちなみに氏は「鉄道マニア」という言葉が嫌いで、「鉄道キ○○イ」、「鉄キチ」と言ってもらいたいのだとか)。
黒羽英二は、現役の地方私鉄を訪れると同時に、早くから廃線跡探索も行ってきた。その道の草分けである。それも実にマニアックで、廃線跡の詩の題名を挙げてみると、「芋(えも)こ列車谷地(やち)軌道」「無常迅速鹿島軌道」「武州鉄道本来無一物」「行雲流水湘南軌道」など、戦前に廃止されてしまった知られざる路線が多い。

poet-03
「行雲流水湘南軌道」抜粋(『鐵道廢線跡と』2002・詩画工房)
…………
水無川から橋桁も消え
二宮駅貨物ホームの屋根も無く「湘南軌道」の文字も消え
専売公社も秦野煙草も煙と消えた
ただ一色の谷戸の奥
ゲンジボタル幾つか光っては消え消えてはまた光る

ところで、黒羽英二は詩のほかに小説も手がけている。『十五号車の男』(2009・河出書房新社)は、そんな氏の、おもに廃線跡を題材とした怪奇幻想小説を収録している。
「幽霊軽便鉄道(ゴーストライトレイルウエイ)」は、谷地軌道をモデルとした架空の路線、新戸軌道の廃線跡を訪ねるために泊まった古びた温泉旅館で、怪しげな女将や宿泊客に出会うが、彼らは皆、軌道の列車に撥ねられた者たちだったという話。
「母里(もり)」は、法勝寺鉄道の廃線跡に残るトンネル内で、亡くなった母に話しかける。トンネルは黄泉の国へ繋がる道、あるいは母親の産道とイメージが重なる。その先の終点も、母の里と書く母里だった。
その他、妻子を亡くした一人暮らしの男が、廃園となった遊園地に放置された成宗電軌の廃車体の中で沈思する「古い電車」など、2000年以降に書かれた近作では、著者を思わせる6、70代の哀感漂う男性が登場する。
巻頭の「月の光」は、利根安理というペンネームを用いて1956(昭和31)年に発表した初期の作品である。当時、江戸川乱歩も高く評価したというが、それよりも1950年代という、まだまだ軽便が現役だった時代に、軽便や廃線跡を題材としていることが注目される。
「月の光」は、軽便鉄道の敷設を夢見る少年と友人の異母兄妹との奇妙な関係を描く。舞台はC県のN鉄道。こうしたイニシャルが記されると、どうしてもそのモデルが知りたくなるものだが、Cのつく県名は千葉しかない。Nは600ミリ軌間だった成田鉄道(千葉県営鉄道)だ。巻末の創作ノートに、親から聞いた成田鉄道の伝聞と、その築堤の跡を探索した記憶が創作の源泉になったと記している。

「月の光」抜粋(『十五号車の男』2009・河出書房新社)
「……時々、ぴょうーっという悲鳴に似た警笛を鳴らしながら、山の中を、畑の中を、海岸を走っている姿といったら! 遊園地の豆汽車に毛の生えた程の大きさ。それはもう何といったらいいか、とにかく可愛らしくもまた悲しげなものでした。」

マニア心の琴線に触れる表現である。また、祖父が買ってくれた「鉄道旅行図」の箇所もいい。

「……私は、それを寝る時は枕許に、眼の覚めている限りは、性懲りもなく見続けました。
名所、旧蹟に想いを馳せていたのではありません。鉄道、ことに地方鉄道の小さな曲線に魅かれていたのです。小さな短い濃藍の曲線!」

詩の「芋(えも)こ列車谷地(やち)軌道」にも祖父から貰った地図の話がでてくる。それは三省堂の1935(昭和10)年発行の「最新鉄道旅行図」だった。私も子供の頃、「月の光」の少年と同じように、“小さな虫みたいに丸まっている”(「芋こ列車…」にある表現)地方私鉄の載った地図を飽くことなく眺めていた。

poet-04