カテゴリー別アーカイブ: 満洲の鉃道を詠んだ俳人たち

大場白水郎と荷風、滝口武士、天川悦子……

満洲の鉄道を詠んだ俳人たち[拾遺]

佐々木桔梗の『流線形物語』で、大場白水郎の詠んだ「あじあ」の俳句を知り、それがきっかけとなって「満洲の鉄道を詠んだ俳人たち」を執筆した。当初は、この白水郎と、その周辺の作家について記すつもりだった。

白水郎が師事した籾山梓月は永井荷風と親しい間柄だったが、白水郎もまた一時期、荷風と交友があった。
荷風の日記『断腸亭日乗』を見ると、昭和10年代のある時期、しばしば夜の銀座で会っていたことが分かる。場所は教文館ビルの地階にあった「富士アイス」で、喫茶を中心に軽食も出していたこの店は、文化人が集うサロンのような雰囲気だったらしい。
『断腸亭日乗』の1937(昭和12)年8月3日には「夜初更を過ぎて後銀座不二地下室に至る。〈略〉十一時過空庵及小田大場の諸子と共に北里浪花屋に行く。妓てるいろ小槌房丸を招ぐ。」、また、同年9月4日には「尾張町不二あいすに飯し其支店の地下室に入るに、空庵大場歌川子等在り。一同自働車にて玉の井に至り狭斜の光景を写真に撮影してかへる。」とある。
北里とは吉原のこと。ときには「富士アイス」の後で、吉原の引手茶屋や玉ノ井へでかけることもあったらしい。荷風はこの頃、写真に凝っていた。撮影した写真には玉ノ井を走っていた京成白鬚線跡と思しいものなど、鉄道関係も数点見られる。
しかし、1938(昭和13)年の5月以降、二人は交友関係を断ってしまったようで、『断腸亭日乗』の1939(昭和14)年7月7日には、「白水郎の家自転車製造業、時勢の恵を得て暴に富を成すと云ふ。」と、いかにも荷風らしい皮肉めいた表現で白水郎の近況を記している。この年、白水郎は満洲宮田製作所のある奉天へ赴任となった。

ところで、満洲の各都市には路面電車が走っていたが、それを詠んだものは一句しか見つけることができなかった。

遠くより電車鳴り来る霜夜かな

作者は俳人ではなく詩人の滝口武士(1904-1982)。1924(大正13)年より15年間、大連に暮らし、小学校の教諭を続けながら、同地で安西冬衛と詩誌「亞」を編集した。これもその大連での句で、寒気の厳しい夜の街の一齣、映画のワンシーンを思わせる。大連にはアメリカのバーニーカーを模した路面電車が走っていた。
なお、本篇で取り上げた俳人の作品にも“内地”の路面電車を題材とした佳句がある。

ビール館電車交叉を踏み鳴らす

1938(昭和13)年に刊行された山口誓子の句集『炎昼』より、「盛夏雑章」と題したなかの一句。
交叉点を渡る東京市電の音が聞こえてくる銀座四丁目のビヤホールをイメージしたが、誓子は当時、大阪に住んでいた。となると、これは大阪市電だろう。「ピストルがプールの硬き面にひびき」と同じ時代の作品で、いかにも新興俳句といった感じがする。

ポール廻す冬雨の車掌走るかな
人は廓へ電車が月にポール換へ居る

「ポール廻す……」は、同じく誓子による1922(大正11)年の句、「人は廓へ……」は荻原井泉水の、ほぼ同時代、1919(大正8)年の句である。どちらも路面電車のポールの向きを変える光景を詠んだものだが、井泉水の句は東京の洲崎だろうか。物寂しい廓町の近く、月夜の終点風景である。

最後に「あじあ」を詠んだ俳句をもう一句。

「あじあ」去りし曠野夏雲まで駆ける

本篇で紹介できなかった俳人、天川悦子(1925-)の作品。天川氏は朝鮮やロシアとの国境に近い満洲間島省(吉林省)の龍井で生まれ、その後、新京へ嫁いだ。1959(昭和34)年に刊行された句集『遠きふるさと』には、満州での暮らしを懐かしむ「望郷」と、凄惨な引揚げの体験を詠んだ「三十八度線」を所収。これはその「望郷」のなかの一句。大陸の夏空が目に浮かぶようだ。


◆「満洲の鉄道を詠んだ俳人たち」全章の参考文献
『黄旗』山口誓子(1935・龍星閣)
『満洲征旅』山口誓子(1944・満洲雑誌社)
『山口誓子全集』(1977・明治書院)
『自選自解 山口誓子句集』(1969・白凰社)
『無所住』荻原井泉水(1935・三笠書房)
『東西南北』荻原井泉水(1942・桜井書店)
『新選井泉水句集』(1943・新潮社)
『雪国』山口青邨(1942・龍星閣)
『わが庭の記』山口青邨(1941・龍星閣)
『自選自解 山口青邨句集』(1970・白凰社)
『早春』大場白水郎(1940・春泥社)
『大陸俳句の作法』大場白水郎(1945・奉天大阪屋号書店)
『散木集』大場白水郎(1954・俳句研究社)
『遠きふるさと』天川悦子(1984・自鳴鐘発行所)
『近代俳句集』日本近代文学大系 56巻(1974・角川書店)
『日本の詩歌』19巻(1976・中央公論社)
『俳句のモダン』仁平勝(2002・五柳書院)
「明治・大正・昭和前期 俳人・歌人による〈満洲〉旅吟抄」小沼正俊「朱夏」14号
(2000・せらび書房)
「キメラの国の俳句」西田もとつぐ「俳句文学館紀要」9号(1996・俳人協会)
「モダニズム俳句の系譜」西田もとつぐ「俳句史研究」13号(2005・大阪俳句史研究会)
「満州「天理村」異聞」池田士郎「天理大学人権問題研究室紀要」15号
(2012・天理大学人権問題研究室)
『断腸亭日乗』永井荷風(1980-1981・岩波書店)
『震災復興〈大銀座〉の街並みから』(1995・秦川堂書店)
『宮田製作所七十年史』(1959)
『流線形物語』佐々木桔梗(1974・プレス・ビブリオマーヌ)
『文豪たちの大陸横断鉄道』小島英俊(2008・新潮社)
『大阪駅物語』朝日新聞大阪本社社会部(1980・弘済出版社)
『おもいでの南満洲鉄道』(1970・誠文堂新光社)
『忘れえぬ満鉄』(1988・世界文化社)
『日本鉄道旅行地図帳歴史編成 満洲樺太』(2009・新潮社)
『満洲朝鮮復刻時刻表』(2009・新潮社)
『写真に見る満洲鉄道』髙木宏之(2010・光人社)
『満洲鉄道写真集』髙木宏之(2013・潮書房光人社)