コートダジュール特急

佐々木桔梗とプレス・ビブリオマーヌ[5]

『コートダジュール特急』佐々木桔梗
1975.春・限定355部
プレス・ビブリオマーヌ

副題は「文学渉猟によるブルートレイン物語」。「ブルートレイン」は、もともとフランスで19世紀末に走り始めた、リゾート地のコート・ダジュール(紺碧海岸)へ向かう豪華なワゴン・リの寝台列車総称だった。
フランス語で「Le Train Bleu」(ル・トレーン・ブルー)と呼ばれたそれらは、当初、車体の色ではなく、目的地の紺碧海岸の色を意味するものだったのだが、のちに客車の色も、ブラウンから名称に相応しいブルーに変更されたという。
格式のあるワゴン・リの寝台車や食堂車を連結したブルートレインは、旧き佳き時代、まさにベル・エポックの“走るホテル”だった。
『コートダジュール特急』は、桔梗氏が得意とする“文学渉猟”。ブルートレインを扱った小説や詩などを引用している。なかには直接関係のない話もでてきて、少々冗長なところもあるが、そうした余談もまた、桔梗氏のエッセイの魅力といえるだろう。
本書は「鉄道ファン」No.165(1975.1)掲載の「“青列車”は紺碧海岸へ向う」がその原型で、「とれいん」No.4(1975.4)掲載の「夢多きワゴン・リ寝台車」は本書の抜粋版になる。

装幀には“愛書家用贅沢編成”(165部)、“ファン用軽量編成”(190部)と称する2種類があり、愛書家用贅沢編成(画像のもの)は紺碧色の総革装。ピエール・フィックス・マッソーによる機関車の表紙絵に、ライトを模した宝石を嵌め込んでいる。